2016年03月30日

なぜか応援したくなる流山市非公式ゆるキャラ「ながれ〜」

「母になるなら流山市」のコピーから、移り住んだ流山という街に肯定感を持ち、流山を盛り上げようと色々なコミニュティへ参加する人が増えつつあることを以前取り上げました。やり方は人それぞれ、皆が思い思いのやり方で街を盛り上げようとしてくれていることを、私も市民の一人として心強く、また嬉しく思っています。
この街が盛り上がれば、それだけ皆に笑顔が増え、より元気な街になっていきますから、こうしたコミニュティ活動は、どんどん盛んになっていったら良いですね。

そんな中、何か注目してみたくなるような活動がないか、私のそれなりのアンテナを張り巡らせていたところ、最近は、とんでもないやつが流山のあちこちでこの街を盛り上げようと活動していることをキャッチしました。
「父さん、妖怪アンテナがビンビンに反応しています!」状態です。

活動しているのは最早人間ではなく、山の妖精。
そう、やつの名は「ながれ〜」
続きをすみずみまで読む
タグ:流山

posted by すみずみ at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

raspberry piと流山のアイツとIoT

世の中のトレンド最先端をいく方々に大人気の「ラズベリーパイ」に興味深々です。大きさは一口大、英国仕込みのそのお味を例えるなら、「酸味控えめでほんのり甘く、味わえば世界が変わる程の夢が詰まっている」と表現される程の魅力に満ちています。

一口大のサイズにお求めやすい価格設定ということもあり、大人買いも流行っています。その人気故に今すぐ手にすることは難しいでしょうけれど、グルメシティでもある秋葉原が狙い目とのことですから、この略して「ラズパイ」是非、手に入れてみたいものです。
raspberrypi_banner.png

続きをすみずみまで読む
タグ:Raspberry Pi

posted by すみずみ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

美田桜並木通りの桜 開花

美田桜並木通りの桜を今朝、観にいってきました。嬉しいことに桜はちょうど開花し、本日3月27日の時点では、一分咲きと言ったところです。
これで菜の花に続き、流山に春の訪れの第二報が届きましたね。
満開になるまでは開花から1週間程といわれますから、来週末の4月5日〜6日が見頃になりそうです。広報ながれやまでもお散歩コースとして紹介されている美田桜並木通りを訪れるなら来週末がおすすめです。

IMG_20160327_064536.jpg
バス停降りたら5秒で桜。この言い回し昨日に引き続き2日連続2回目ですね。

続きをすみずみまで読む
タグ:流山

posted by すみずみ at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

駅前降りたら5秒で学校 暁星国際流山小学校4月に開校

私が小学生の頃に人気のあった先生が、未だ現役でサフラン近くの某小学校で教務主任として活躍されていることをつい最近知り、なんとも言えない懐かしさを感じています。当時からなかなかに禿げてらっしゃいましたから、きっと現在は良い具合に仕上がっていることでしょう。(失礼ですね。すみません。)
子ども心に信頼のおける良い先生でしたから、この方がいるなら安心安泰と言えますし、4月には、長女も小学一年生となりますから、どこかで縁があれば親子2代で世話になるような事があるかもしれません。

IMG_20160321_075928.jpg
仕上がりと言えば、今年の4月にはピカピカの小学一年生ならぬピカピカの開校一年目を迎える流山市内初の私立小学校「暁星国際流山小学校」が目下、校舎の仕上げに入っています。
新設校は昨年の流山おおたかの森小中学校に続き、2年連続となりますから、流山市が子どもの多い街になりつつあることを実感もします。
続きをすみずみまで読む
タグ:流山

posted by すみずみ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

江戸川、土手沿い、菜の花ライン360°

春分の日を過ぎ、春の訪れを肌で感じる昨今、江戸川の土手沿いの菜の花が見頃を迎えています。
流山在住の方のツイートや私もファンの流山ブログ40papaさんでも紹介されているように、土手沿いの菜の花の咲き乱れ具合は、隠れた流山の名物と言っても良いくらいに見応えがあります。

IMG_20160320_064204.jpg
私もふらり誘われ、朝ラン時に行ってきました。土手沿いは菜の花の香りがしていかにも春という心地になります。
続きをすみずみまで読む
タグ:流山

posted by すみずみ at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

流山産業博の賑わい

先日行われた流山産業博に遊びに行ってきました。
最寄の流山おおたかの森南口広場では、様々なお店の出店があり、お祭りの賑やかさに溢れていました。
IMG_20160320_054221.jpg
こちらは朝5:30過ぎ。私が朝ランに出発する夜明け前からこの産業博を盛り上げようとしている様々な人いらっしゃったことにただただ感服します。
続きをすみずみまで読む
タグ:流山

posted by すみずみ at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

無限大の想像力 広大なキャンパス キャンドゥのお風呂クレヨン

ここ最近は娘達がカスミでもらった「じゆうちょう」に描いた絵の一枚一枚のストーリーを教えてもらうことが、小さな楽しみとなっています。娘達のお世辞にも上手とは言えない絵の世界のキャラクターたちが躍動するおはなしを聞いているとまさに子どもの持っている想像力は無限大だと感じさせられます。


またこのyou tubeを見ると、娘たちがすくすくと育つ中、子どもたちの想像力の大きさが、私たち大人の理解の範疇を超えてしまったとしても、否定せず、寄り沿い、見守り、その芽を摘むことのないようにありたいと強く思わされます。
続きをすみずみまで読む
タグ:こども

posted by すみずみ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

遊び心による私的トライアル「From TX Akihabara Sta. underground to the ground」

常々、日常の出来事や子育で経験するイベントをできる限り「おもしろく」とらえたいと思っています。
人生を生きる上で、一見、なければないで困らない「遊び心」というものを大事にすることで、日々をおもしろく過ごせるコツのようなものを習得できつつあるかなとも感じています。

遊び心自体、合理主義的に考えれば、剪定すべき枝葉にも似た部分かもしれませんけれども、毎日を楽しく暮らそうとアイデアを練ることは、先人の考えに基づいた合理的な選択肢をなぞるフォロワー的合理主義に対して、手付かずの新しい選択肢を産み出す原動力にもなります。

そんな遊び心をもって、最近は通勤時に私的なトライアル「From TX Akihabara Sta. underground to the ground」を実践中です。
続きをすみずみまで読む

posted by すみずみ at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

霧の街

昨夜は、年に数回あるかないかというくらいの濃い霧に流山の街が包まれていました。街の灯りがおぼろげになり、視界も狭い濃霧の中は、非日常の世界でした。
IMG_20160307_214353.jpg
おおたかの森駅構内もこのように霧が立ち込めていました。
続きをすみずみまで読む

posted by すみずみ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

おおたかの森から大堀川沿いに「通称うなぎ道」を行く北柏橋往復14.2km

春の風を感じる頃となりました。重度の花粉症の私も、ジョギングの最中はさほど諸症状に悩ませられないのは不幸中の幸いです。早朝の氷点下とも別れを告げ、そろそろジョギングウェアもインナーが一枚減らせるわずかながらの春を感じるようになってきました。

今週末は、大堀川沿いを走ってきました。大堀川沿いのジョギングの良さは折り返し地点を走力に応じて選べるところで、今回の折り返し地点は北柏橋で全長は14.2kmとやや長くなります。

流山おおたかの森駅から大堀川沿いに北柏橋まで往路は大堀川沿いを走り、復路は通称うなぎ道を巡ります。途中カフェド樹杏にも寄ることができるコースとなります。
続きをすみずみまで読む

posted by すみずみ at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする