✕原料は母 ○材料は母 ソライエ流山おおたかの森のキャッチコピーが刺激的

内田恭子さん、こんな千葉の郊外の駅前でニュース原稿読んでる場合じゃないですよ!という突込みを入れずには入られないソライエ流山おおたかの森のキャッチコピーがなかなか刺激的です。

IMG_20170711_065422.jpg
そのキャッチコピーは、「MADE OF MOTHER」
中学生が英語で受動態の勉強をする頃、made of〜なのかmade from〜なのかmade in〜なのか頭を悩ます頃、
made of〜(目にわかる材料)
made from〜(見た目わからない原料)
made in〜(原産地)と覚えました。

覚えたての知識をこのキャッチコピーをそのまま当てはめたおおたかの森中生あたりは、「(目に見えてわかる材料)母からなるマンション」という理由のわからない訳に、中々のファニー感を感じているかもしれません。

もしこれがmade from MOTHERだと、原料ママとなり、「現場から東海林です。」的な事件性を感じる展開になるので今のコピーで良いのかもしれませんと思いました。

ジョークは程々に、おおたかの森駅前最後の大型マンションもこの計画で一服となります。
移住検討の方は、是非一度流山という街を訪れてコピーに踊らせられない実感をもって頂けたらと思います。

posted by すみずみ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

流山市内在住で一番歩いている人は、週に14万歩くらい歩いてる(私調べ)

健康に気付くのは不健康なときという業の深い話があります。
怪我して、病気して、健診受けて、理由は色々あれど、自分が健康じゃない時程、その健康のありがたさに気付かされるというものです。健康を形作るのは自分自身に他ならないですから、いずれかのタイミングで気付きを得て、そして体を気遣えるかが肝になってきます。

私的な話で言えば、健診時に「数値が悪い」というインパクトによって健康を意識させられることがありました。それでも特に対策を講じずに「ほっとく」こともまた数年続いていたのですけれども、
「体の声を聞かない不義理を通すこと」に何の意味もないと思い直し、最近は遅咲きのダイエットを始めています。

私の愛用するシューズ、ASICSの由来にもあるように、「健全な生命は健全な身体にこそ宿るべし」な訳で、元も子もない真実の一側面で言えば「体が資本」ですから、株主俺としては、俺業を続けるだけの俺ケアをしようと思った次第です。

ASICSの由来
古代ローマの作家ユウェナリスが唱えた「健全なる精神は健全なる身体にこそ宿るべし (Mens Sana in Corpore Sano)」という言葉にMens(才知、精神)をAnima(生命)に置き換え、「Anima Sana in Corpore Sano」の各文字の頭文字A・S・I・C・Sを並べたものである


私の住む流山市は、「健康都市宣言のまち」としてあれこれと、まちづくりに健康を盛り込んでくれたりしてくれています。

ちょうど今は、「健康都市宣言のまち」として第26回流山ロードレース大会2017の募集がされていますので、普段から運動をしないアメトーク風に言うならば「体の数値悪い市民」の方程、誘いに乗ってウォーキングから始めてみても良いでしょう。制限時間が緩めなので、早歩きができるペースなら完走ができますから実は言うほど敷居は高くないですよ。

健康作りも時代は進み、スマホ等を利用すれば、一日の活動量の見える化が簡単になりました。
使用しているケータイがandroid端末ならば、下記リンクのgoogle fit、(iphoneならhealth)等色々なサービスが利用可能です。

google fit
https://www.google.com/intl/ja_jp/fit/

一日の歩数や体重の推移のグラフ化等、モチベーションが続くようにアプリによって各種機能があります。気に入るアプリが見つけることが、健康作りのはじめの一歩になるかもしれませんね。

Screenshot_20170703-061424.png
ちなみに、流山市内在住で上位1%のトップクラスに歩いている方は、週に14万歩くらい歩いています(私調べ=実体験)から、我こそは!という張り合って頂ける方から、健康作りを始めてみようかなという方まで興味のある方が増えたら、より楽しく健康になれるように思います。



posted by すみずみ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリエイトSD流山おおたかの森店で炭酸水と卵が引き続き安い

以前、ドラッグストアクリエイトSDのオープン記念でウイルキンソンの炭酸水が劇的に安いことをを取り上げました。

http://nagareyamountain.seesaa.net/article/449129288.html
クリエイトおおたかの森店で炭酸水が激的に安い

この記事では24本入りで1,134円(税込1,224円) 1本税込みで51円というまさに劇的なプライスでおおたかの森に衝撃的なオープンを飾り、世のウイルキンソンファンを喜ばせてくれたわけですけれども、オープン記念が過ぎて通常販売価格に戻ったとされる金額も、実はいまだ良い感じです。

気になる現在の金額は、
24本入りで1,380円(税込1,490円) 1本あたり税込62円です。

コストコでよく販売されているポッカサッポロのおいしい炭酸水が24本入りで1,500−1,600円位ですから、十分に競合になる金額になるでしょう。おかげ様で我が家ではクリエイトは「炭酸水屋さん」のポジションを確立しつつあります。

あと、お得な話題で一つ、このクリエイト、どういうわけだかオープン記念として卵1パック(10個入り)が引き続き開催中で常に98円という板東英二さんが喜びそうなびっくりセールが続いているので大量に卵が必要な「ゆでたまご」ファンやら「煮卵」ファンやら「オムレット」ファンの方にも「卵屋さん」ポジションの役割を果たしてくれそうです。

流山すみずみ
http://nagareyamountain.seesaa.net/
タグ:便利に

posted by すみずみ at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

半年経って思い出す今年の目標

7月を迎え、2017年も下半期に入りました。
ハーフ晦日とも言える6月30日の夏越の祓の儀式を過ぎ、季節は本格的な夏を迎えることとなります。

(参考)The warp gate おすわさまの「茅の輪」と夏越の祓
http://nagareyamountain.seesaa.net/article/438891209.html

1年をマラソンレースに例えれば「来し方行く末」がちょうど半分となる折り返しを迎えました。
今年の目標にと、書き初めで「減量」としたためた事すら、思い返せば半年前の出来事となってくるわけですから、歳を取れば取る程1年なんてあっという間に感じてしまいます。

IMG_20170108_122926.jpg
思えばこの書き初め、部屋の目立つところに貼りだしておいたものの、松の内の間には「なかったことにされる」憂き目に遇っていました。

1月、2月、3月、4月と何事もなくいつもの一年が終わりそうだと思っていたのに5月になってこの書初めの存在と自分のお腹の出具合をなんとも意識せざるを得ない自分史上の最重量を出してしまった事から、約半年遅れで目標に向けたスタートを切ることとなりました。

その経過は、時折、twitterのほうでつぶやいたりしてもいるので、同じ境遇にいるダイエッターの方がいれば張り合いや戯れに絡んでいただければ幸いです。減量が成功した暁には「すみずみ式」メソッドでも公開して一獲千金でも狙ってみるのも一興かもしれません。

冗談はさておき、立てた目標に対する実行のスタートが遅れてもリカバリーはいかようにもできるように思います。そのためにも目標はできるだけ低くしておくことが、自己肯定を育む上で一つのキーになってきます。

頑張った自分を誉めるのに殊更にハードルを上げて難しいことをしようとするのはストレスフルですから、とにかく自分を褒めて伸ばしてやることが大事なように思います。
こと私の減量で例えるなら、今日は昨日よりごはん一粒少ない量で満足したぞ(ヤッター)みたいなノリです。

中には、高すぎる目標を立てたが故に針の穴に糸を通し続けなければ成功できないような、ワンミスでもしようものなら計画自体失敗とでもいうような、ギリギリで生きていたいタイプの方もいます。もしそういうタイプに当てはまる方は、毅然とした態度で無理な目標を立てる自分に「バカヤローコノヤロー」と言うべきです。出来ない理由探して安心するくらいなら超簡単で一見馬鹿馬鹿しいくらいの超低いハードルを作ってクリアを続けていく人生の方が楽しいですからね。

自分くらい自分の飲み込み易いやり方でやってもバチなんて当たりません。目標は楽しいものと思って半年前の目標に向き合ってみたら、新しいやり方がみつかるかもしれません。

流山すみずみ
http://nagareyamountain.seesaa.net/
タグ:ダイエット

posted by すみずみ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

十太夫近隣公園 定点観察(芒種編)

6月5日から6月20日の間、二十四節気は「芒種」を迎えていました。梅雨入りの頃合いでご多分に漏れず今年は6月7日には関東地方が梅雨入りとなりました。
雲行きの行方に毎朝気になる季節となるものの、こうして振り返ってみると、朝の雨は1日だけでした。もしかしたら今年は空梅雨になるかもしれませんね。

芒種
芒(のぎ 、イネ科植物の果実を包む穎(えい)すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を持った植物の種をまくころ。『暦便覧』には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記されている。実際には、現在の種まきはこれよりも早い。
Wikipediaより引用

この芒種、朝夕の通勤時に見かけるサラリーマンの上着が徐々になくなりワイシャツ姿の軽装に切り替わる頃でもあります。ワイシャツ姿を鏡に見て、着太りの一言で騙し続けた自分のお腹と対峙して「しゃーないなー」と体型に目が向いてもきます。「夏までに痩せる!」的な本に目を詠んだりするのですけれども、残念ながら迎えている季節はすでに夏寸前で、芒種の次は夏至という現実を突きつけられる時ともなります。

私も、ぽっこりお腹と向き合う現実を突きつけられ、なんだかんだとダイエットを始めています。この定点観察も通勤を自転車から歩きに変える一環で、この観察が続いている間はダイエットもほどほどには続いていると思っていただければ幸いです。

それでは、芒種の十太夫近隣公園を振り返ってみましょう。

IMG_20170605_064158.jpg
6月5日 夏雲の清々しい日でした。

IMG_20170606_064815.jpg
6月6日 どんより1号

IMG_20170607_064402.jpg
6月7日 どんより2号

IMG_20170608_064442.jpg
6月8日 晴れ

IMG_20170609_064740.jpg
6月9日 どんより3号

IMG_20170610_050140.jpg
6月10日 晴れ

IMG_20170612_064901.jpg
6月12日 曇り時々晴れ

IMG_20170613_064455.jpg
6月13日 どんより4号

IMG_20170614_064511.jpg
6月14日 雨 傘を差したのはこの日だけでした。

IMG_20170615_064509.jpg
6月15日 晴れ

IMG_20170616_064530.jpg
6月16日 晴れ

IMG_20170619_064135.jpg
6月19日 晴れ

IMG_20170620_064254.jpg
6月20日 気持ちの良い晴れっぷり

おまけ
IMG_20170605_064135.jpg
夏が来たと思った日のお日様 今年は6月5日でした。

流山すみずみ
http://nagareyamountain.seesaa.net/
タグ:定点観測

posted by すみずみ at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

前ヶ崎城址公園前バス停の椅子がアツい

流山市東部地域にある前ヶ崎城址公園前を通る南柏駅西口行きバス路線は、日に14本の運行があります。
主観で言えば、この日に14本の運行本数、地方で言えば多く、郊外で考えると普通、都市として考えると少ないでしょうか。市街化が進む流山市内の中で考えれば、この東部地域を走る路線は、発展著しいTX路線と古くからの常磐線南柏駅を繋ぐ完成された閑静な住宅街で郊外と都市の間にあるような場所ですから、感覚的にも運行本数は理に適ってる方だと感じます。

この路線バスの運行本数、人の動きに直結する所で街の流動性と都会度を測る上でわかりやすい目安になりますけれども、今日の話は視点を変えてそのバス停のカラーに注目してみました。

今日の話で言えば、バス停のイス。
前ヶ崎城址公園にもバス待ちをする人が少しでも休めるようありがたいことに椅子が設置されています。
ただ面白いなあと思ったのは、通常のベンチや駅校内のプラスチックな椅子ではなく設置されているのが一筋縄ではいかなないパイプ椅子とオフィスチェアという所。

その椅子の姿には触れずにいられない温かさが溢れ出しているように感じましたので、一枚写真を紹介させて頂ければと思います。

IMG_20170618_052957.jpg
これです。

その牧歌的かつミスマッチな姿には、思わず顔がほころんでしまいました。
なぜだか夫婦に見えてしまって。

見立てると
バス停一番乗りのお尻を預かる前ヶ崎城址公園バス停の大黒柱はMr.パイプイス。 黒光るビニールはきっと男性。実直な仕事ぶりに椅子が固いといわれても雨にも負けず風にも負けずただじっとおけつを支えるナイスガイ。でも論戦はちょっと苦手でたたみ掛けられると一人で立てない豆腐メンタルの持ち主。

とすればピンクのシートバックのお隣はMs.オフィスチェア。 この町に嫁いで10年経ったけど、OL時代の仕事ぶりは変わらずに、私がいなきゃりゃ二番手のお尻は預かれないわとテキパキとスピーディに仕事をこなすナイスレディ。少し日焼けしたその肌に肝っ玉母さんの二つ名が馴染み始めた頃合い。

なんて妄想を楽しませて頂きながら、いつまでも互いに仲良く寄り添っていてもらいたいなあなんてことを思った次第です。

流山すみずみ
http://nagareyamountain.seesaa.net/

タグ:流山

posted by すみずみ at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

「母になるなら流山市はやめろ」の人とお茶して感じたイントレランス

約100年前の1916年「イントレランス」というモノクロのサイレント映画が封切られました。舞台の異なる4つの時代のストーリーが、入れ替わり立ち替わりながらクライマックスへと向かっていくというもので、話の一舞台となるバビロンを再現した豪華絢爛な超巨大なセットは、いまだ映画史上最大だったとも評されています。話の構成、カットやセットは好きな人にはたまらならい魅力を秘めた作品となっているにもかかわらず、この映画の名前がさほど知られていないのは、古すぎるという点はもちろん、興行的に大コケだったから。ズッコケた要因は、目まぐるしく舞台が変わる中、それぞれの舞台の話が難解過ぎたからだとも言われています。

そんな古い映画の話を思い出したのは、下記の関連記事を読んで最近の流山おおたかの森近辺も「イントレランス」を抱えつつあるのかもしれないと思ったから。

母になるなら流山市はやめろ父になるなら流山市はやめろ
http://anond.hatelabo.jp/20170528232611

「母になるなら」の流山市 子ども急増で混乱
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00010001-bfj-soci

今日は、少し気になって上記のブログ「母になるなら流山市はやめろ父になるなら流山市はやめろ」の記事を書いた方にお声がけして「BARNS&FOREST148」でお茶して話してきた事を取り上げてみたいと思います。

IMG_20170603_0846281.jpg
続きをすみずみまで読む
タグ:教育 流山

posted by すみずみ at 02:14 | Comment(6) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

十太夫近隣公園 定点観察(小満編)

5月21日から6月4日までの期間、二十四節気では「小満」を迎えていました。
木々が元気よく伸びる頃、夏場の濃い緑に比べてこの時期の葉の緑はまだ黄緑に近いものの伸び盛る時期を迎えます。その様を指して万物が満ち溢れるように詩が詠まれたのでしょう。
アゲアゲの上昇気流に乗って植物が「ウェーイwwする」と言ったら元も子もありませんけれども、暑さを感じ始める中に健やかな成長を見るのも乙なものです。
時期的には、衣替えを迎えたりもしますので、夏を意識し出すのもこの頃のようにも思います。

万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ。『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている。
麦畑が緑黄色に色付き始める。
wikipediaより引用

それでは、小満の定点観察と行ってみましょう。
続きをすみずみまで読む
タグ:定点観測

posted by すみずみ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

静かな学区の静かな満足 八木北小学校の魅力を考えてみる。

何かの魅力を語るとき、その魅力を人にわかるように伝えるにはどうしたら良いか?この話題、昔から絶えること続く永遠のテーマのように映ります。

魅力を伝える能力のこと、人によっては説得力ともセールストーク能力とも言うでしょうか。また相手に響く言葉を放つためには、それだけ相手の知りたいことを推し量るだけの洞察力も問われたりもします。
スピーカーのごとく繰り返す「いかがすか〜いいんすよ〜これー」で魅力が伝わるなら、世の中はもっとシンプルになりそうなものの、今なお世界がそれなりに複雑に映るのは、心のどこかで「魅了されるだけのストーリー」を待ち望む「気持ち」があるせいなのかもしれません。

今日は、流山おおたかの森駅前に移り住んだ各々のストーリーの舞台設定に、学区変更といういくばくかの修正が必要になったことに関連して、にわかに注目を集めることとなった八木北小の魅力を取り上げてみたいと思います。
IMG_20170520_125236.jpg
そのキーワードは「静かな学区の静かな満足」

続きをすみずみまで読む
タグ:教育

posted by すみずみ at 06:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 流山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする